My Whole World

結婚式は祝うもの!演出する音楽に包まれて明るいスーツで参列しよう!

不幸な結婚式というものは存在しない

誰もがある時期から多少なりとも意識するだろう結婚ですが、小さな子供の頃からひたすらに思い描いているという人もあれば、三十歳を過ぎて理想の結婚相手をイメージする人もいるのです。幸せの形は人それぞれですが、どんな形であったとしても不幸な結婚式というものはなく、結婚式には幸せな結婚式しかあり得ません。そんな夢のある結婚だからこそ、理想の出会い、理想の相手、理想の結婚というものを求めて当然だと言えるでしょう。

結婚式や披露宴に出席する際の服装

冠婚葬祭にはフォーマルスーツが無難ですが、結婚を祝う結婚式や披露宴では多少派手なスーツを着て参加しても良くなってきています。ここ数十年ほど前からは淡い控えめのスーツやソフトスーツでも参列可能になっているのが現代的な結婚式と言えるでしょう。真っ黒のスーツではなんだかお葬式と変わらないし、せっかくのハッピーウエディングなのだから色とりどりのスーツを着て結婚式場を明るくしたいというような考えが増えているのです。

結婚式を演出する音楽

結婚式では花嫁が読み上げる手紙のシーンは感動ものです。一生に一度の結婚式では感動的な場面を演出する音楽にもこだわりを持ちたいところでしょう。両親に手紙を読むシーンは結婚式最大のクライマックスでもあり、さらなる感動を盛り上げるべく曲選びというものも重要になってきます。手紙を読む花嫁をひきたてるようなインストルメンタルなどのBGMをかけるのも効果的です。あくまでも花嫁が主役、少し引いたところで聞こえてくるような曲を流すことが幸せを演出するポイントになるでしょう。

結婚式場を神奈川で挙げるとメリットがあり、中華街や横浜ランドマークタワーなどの観光地も楽しめる所が魅力となっています。