My Whole World

結婚式を盛り上げる感動の演出~3つのポイント~

本格的な音楽で雰囲気を盛り上げる!

挙式での賛美歌が聖歌隊による生演奏というのは一般的になってきましたが、他にも本格的な音楽を入れられるポイントは沢山あります。例えば、挙式のBGMをバイオリンの生演奏にする、披露宴での入場時にピアノの生演奏をする、披露宴の食事中のBGMを弦楽四重奏の生演奏にする、など。音楽はどんな人の心にも響くものです。生演奏を聴ける機会は意外と少ないので、年齢問わず喜ばれます。新郎新婦二人の思い出の曲や、家族との思い出の曲などを選曲し、司会者から簡単な紹介を入れると、さらに感動的な演出にできます。

家族との思い出、二人の出会いをスライドショーに!

披露宴での楽しみのひとつは、新郎新婦の人となりや新郎新婦二人の馴れ初めを知ること。司会者からの紹介でもよいのですが、スクリーンを使ったスライドショーを流す演出がお勧めです。スライドショーを作成できる無料アプリも沢山あります。小さいころからの写真を集めて並べ、簡単なコメントを加え、好きな曲を流せば、初心者でも簡単に作成することが出来ます。家族、友人との大切な思い出を、ひとつひとつ振り返ることが出来ます。できれば二人だけの思い出の写真だけではなく、参列者と一緒に写っている写真も沢山入れましょう。突然スクリーンに自分が映ると、皆びっくりして、会場が盛り上がりますよ。また、最後に両親に向けた感謝の言葉などを加えても良いでしょう。

とにかく家族に参加してもらう!

結婚式は新郎新婦だけではなく皆の思い出に残るものです。できるだけ家族の出番をつくって、参加型のアットホームな結婚式にしちゃいましょう。例えば、親戚に子供が居るなら、是非リングガール・リングボーイを頼みましょう。挙式で花嫁と父親の前を、結婚指輪を持って先頭で歩く役目です。披露宴では花束贈呈などの役もあります。かわいらしい子供たちの演出は、雰囲気を和ませます。また、バージンロードは父親と歩いても、披露宴での途中退席の際は、母親や兄弟姉妹と腕を組んでの退場の仕方が人気です。本人たちには内緒にしておいて、当日サプライズで行うのがお勧めです。その他、音楽のできる家族がいれば生演奏を頼んだり、ブーケ&ブートニアの儀式(新郎が参列者から花を集めてリボンで結んで花束にし、新婦に贈る)の際の花を持つ役やリボンを結ぶ手伝い役など、簡単に頼めるポイントは沢山ありますので、是非楽しみながら、思い出に残るオリジナルの結婚式にしましょう。

福岡の結婚式場はたくさん存在しています。理想的な挙式スタイルを明確にして、二人でブライダルフェアに参加して決めましょう。